スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

62回定期演奏会ご来場御礼

9月16日
台風が近づいてきたことで、あいにくの天候の中、湘南市民コール第62回定期
演奏会に多くのご来場をいただき、本当にありがとうございました。

今回も昨年に引き続き、子供たちとのステージを持つことができました。
きっかけは、今年の5月の連休に、全日本合唱連盟の講習会が神奈川県立音楽
堂で開催されるに当たり、清水敬一先生が講師として招かれ、三善晃編曲による
「日本の四季」~瀧廉太郎唱歌集~をテキストで演奏する、 と
神奈川県合唱連盟の昨年の総会で松村努理事長から言われたことで清水先生
に相談したことからです。

この曲は、子供たちと大人が一緒に歌える数少ない曲集の一つとして親しまれて
いるものの、演奏する機会は少なく、湘南市民コールは2000年に藤沢ジュニアと
鵠沼ジュニアにお願いして全曲演奏したことがあります。
この時は、藤沢の合唱連盟でもジュニアの育成に苦労していることを故関屋晋
先生にお話ししたら、定演で「日本の四季」をやろうと言ってくださったことが
発端でした。

今年5月の合唱連盟の講習会(コーラス・ワークショップ)にも出演し、藤沢の
子供たちも誘って一緒に歌いましたが、せっかく練習した曲を、1回だけ、
しかも一部分だけではもったいなく、定期演奏会でも歌いましょう!ということ
になりましたが、それからが大変でした。
中学の合唱部が出演できないため、ジュニアの人数が足りません。
これを救ってくれたのが、今年藤沢市合唱連盟に加盟してくれたバンビーノ・
バンビーナと平塚少年少女合唱団です。
バンビーノ・バンビーナは、大人の合唱団(コールピッコロ)が先にできて、
子供たちも歌わせたいとの母親の前向きな気持ちから結成された子供合唱団
です。本当に良かった(^^)v

子供たちとの練習は、毎回楽しいものでした。今回、昨年共演してくれた中学校
は、文化祭と重なり、残念ながら出演できないため、ジュニア合唱団だけとなり、
年長さんから中学3年生まで、5団体のジュニアコーラスが集まってくれました。
何せ、年長さんから小学校低学年が多いものですから、大人が笑えない清水
先生の冗談にも、キャハハ!と笑ってくれ、かわいくて可愛くて・・・、ホントに
楽しい練習でした。本番は40人も出てくれました。

小さな声も、恥ずかしさがなくなって歌えるようになってからは、次第に大きく
なり、最後は、声が一つになり大きな声で歌ってくれました。
嬉しかったなぁ!!!

それぞれのジュニア団体は、毎週練習しているところから、月に1回だけのところ
まで色々な合唱団でしたが、先生の努力ですね、最後は暗譜までしてくれました。
先生方、本当にありがとうございました。

今回の曲の構成は、全て清水敬一先生の提案でした。湘南市民コールとしては
初めての出会いである松本望さんの曲、松原混声とは良く演奏している新実
徳英先生の曲、それとMemleyの複雑なハーモニー。

松本さんの「歌が生まれるとき」はテンポと言葉割が本当に新鮮でした。
新実先生の「死者の贈り物Ⅱ」は重いテーマでしたが、歌い終わった後、何とも
言えないような、しかしすっきりした気持ちにさせてくれました。

でも、何といっても主役は子供たちですね。
アンコールで歌った「夕焼小焼」は、忘れがたい曲になりました。
10年後に、あの時、一緒に歌っていました。と言って、湘南市民コールに来て
くれたらどんなに素敵でしょうね、そんなことを想像しています。
スポンサーサイト

久しぶりに会いました

佐渡裕さんと
記事を書くのが遅れましたが、2年ぶりに佐渡裕さんに会いました。
前回は、ケルン放送管弦楽団との第九公演でした。
久しぶりの佐渡さんは、ちょっとフクヨカになっていました。
藤沢市民会館に、東京フィルとのコンサートでチャイコの5番とラフマニノフの
ピアコンを演奏されたのですが、いかにもという演奏で、素晴らしかったです。
関屋晋先生が、毎年湘南市民コールの定期演奏会で使っていた楽屋ですよ
とお教えしたら、感慨深けでした。
関屋先生とのお別れはもう12年前になりますが、広島、長崎の当時のコンサート
のことを話し合ったのが、この日の思い出となりました。
ぜひ、佐渡さんには藤沢で私たちとのコンサートに来てほしいですね。

定期演奏会御礼

9月10日に開催した、湘南市民コール第61回定期演奏会には、
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。

この演奏会には、ご多忙の中、「青春」を作曲された野田暉行先生、
「アニソン・オールディーズ」を編曲し、「ゆずり葉の木の下で」を
作曲された信長貴富先生にもご来場いただき、演奏を聴いていただ
けたことは、歌を歌う者にとって、何よりの喜びです。

今回のプログラムを清水先生と考えていく中で、「ゆずり葉の木の下で」
を藤沢の子供たちとどうしても歌いたいとお願いし、藤沢の中学と
ジュニアの合唱指導者の皆さんのご協力でこの曲を演奏することが
実現いたしました。しかも、ピアノは初演の浅井道子さんです。

実はこの曲は、男声合唱もあり、清水 昭先生の指揮で男声合唱と子供
たちの演奏を聴く機会があったのですが、男声に違和感を感じ(笑)、
この曲は、藤沢の子供たちと市民コール(パパとママ)、つまり混声で
やりたい・・・、とその場にいらした信長先生にも宣言し、清水敬一先生
にもお話しして演奏することになったものです。

しかし、藤沢でも子供の団体の維持が難しくなっていく中、先生が頑張って
いる中学校合唱部に期待してのことでしたが、なんと、演奏会の時期は
試験中とのことで、出演したくても2年生以上は出演できない・・・、
ことが分かり、ジュニア団体に頼らざるを得なくなりました。

しかし、この曲がいかに素晴らしい曲かを理解いただき、神田敬子先生はじめ、
ジュニアの皆さんが一生懸命になってくださったし、中学1年生が、予想を
超えて集まってくださいました。
湘南市民コールの都合で、夜の練習もあり、練習の都度、先生方や父兄の引率
という、大変なご苦労を強いることになってしまいました。
先生方には、本当に深く御礼申し上げます。

子供たちは、最初のころは中々歌いだす勇気がなく、小さな声なのですが、
練習を重ねる度に、声が大きくなってきて、最初音も取れなかったアルト
パートも乱れることなく一緒に歌ってくれるようになり、その姿に毎回
感動していました。

こんな素晴らしい曲を、歌いたくても歌えなかった子がいたのに、
これで終わらせたくない!!!と思い、来期の藤沢市合唱連盟の企画で
再演することを考えています。

信長先生に、この素晴らしい曲は全国でたくさん歌われているのでしょうね、
とお聞きしたら、なかなか一緒に歌ってくれる子供たちを集めるのが難しい
らしく、意外と演奏の機会が少ないとおっしゃっていました。
また、1団体の優秀な子供合唱団と演奏するのではなく、藤沢では、その地域
の子供達が、寄り添って一緒に歌う姿に、信長先生も感動してくださいました。

子供と大人が一緒に歌う曲は、本当に少ないのです。もう16年前になりますが、
これも関屋先生にお願いし、ぜひやろうと言ってくださり、実現したのが、
三善 晃先生の「日本の四季」を藤沢ジュニア、鵠沼ジュニアの2団体に
出演していただき一緒に歌いましたが、この曲ですら、児童合唱あり、
大人の合唱ありで、全部が一緒に歌う曲ではありませんでした。

そういう、一緒に歌える機会の少ない曲ですが、子供たちも本当に一生懸命
歌ってくれました。皆ありがとう!


さて、話を戻します。
野田暉行先生の「青春」は、35年前になります。湘南市民コールと
松原混声とで初演した曲ですが、残念ながら再演の機会がなく、
現在に至りました。

蓬萊泰三先生の詩は、京浜工業地帯の光化学スモッグの街で育ち、
また友や母を亡くした年代となった私にとって、まさに照らし
合わせることができ、身につまされる詩です。初めて歌った
時とは、明らかに感情が違ってきました。

私も途中で歌えなくなりそうでしたが、客席でも泣かれていた人が
いたと聞き、この詩や曲の力を感じました。

最後にアニソンのことです。
楽譜を受け取った日から、なんとすごく、、、楽しい、、、曲だろう
と思っていましたが、イヤ~、暗譜泣かせの曲でした・・・。
1番と2番のパターンがみんな細かく違ってるし、覚えにくい
リズムパートが多くて泣かされましたー!
信長先生に、思わず、ルーラララ、ルルルラー、て書かかないでよ、
ラだけでいいでしょう!と言ってしまいました。
でも、ルとラの組み方がリズミックで浮き立って良いのですよね~!

長々と失礼しました。本当に、名曲との出会いを感じ、その曲の持つ力
を感じた演奏会でした。

お客さまはもちろん、関係者全員に感謝です。
本当にありがとうございました。

メロスフィルとの楽しい時間

メロスフィル打上げ中
9月4日に晋友会合唱団として、メロスフィルハーモニィーとモーツアルトの
レクイエムを演奏しました。
音楽は、楽しさを共有できる仲間と演奏することが、大変幸せなことだと
思っています。

楽しい仲間である、マエストロ中田延亮さんと、メロスフィルとの共演は、本当に
楽しい時間の共有でした。

第一生命ホールでは、音がホール一杯に広がり、お客様の感動が伝ってきました。
メロスも晋友会合唱団も何とも素晴らしい演奏をしてくれました。

何よりうれしかったことは、湘南市民コールに高校時代に在籍していた
濵松孝行さんがテナーのソリストとして、見事に歌い切ったことでした。

そして、打上げ!
濵松さんとおちゃめなマエストロと飲むお酒は、本当においしかった・・・(^^)b

さて、今週末には、61回目の定期演奏会があります。
終わった後に、同じようにおいしいビールが飲めるように、頑張りましょう

湘南市民コールの定演曲が決まりました。

「題名のない音楽会:卒業式の定番曲収録」「ベルシャザールの饗宴」「グラゴル・ミサ」「マゼール第9」「カルミナ・ブラーナ」「ロッシーニのスターバト・マーテル」と去年の秋から続いてきた怒涛の演奏会シリーズが終わって楽譜入れのカバンが軽くなるかとホッとするのもつかの間、湘南市民コールの定演の曲が決まりました。

今のところ、以下の3ステージの構成の予定です。

1.Morten Louridsen作曲
(アメリカ 1943~)
Les chansons des roses

2.寺嶋陸也編曲
さくらんぼの実る頃
(宮崎駿アニメ名曲集)

3.木下牧子作曲
いのちの木を植える


Louridsenは、Wikipediaの日本語版にも乗っているアメリカ国民芸術勲章を受賞した作曲家なんですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%BC%E3%83%B3

WebサイトがCoolです。
http://homepage.mac.com/kennesten/lauridsen/index2.html

これに加えてドイツ・レクイエム、ドヴォルザークのスターバト・マーテル、河口湖のカルミナ再演、TV収録と今年も盛りだくさんの活動です。まだまだ、重い楽譜カバンを下げて練習に通う日々が続きます。

by 管理人
プロフィール

shounanmuse

Author:shounanmuse
湘南市民コールのブログにようこそ!
神奈川県藤沢市に本拠を置く混声合唱団です。

晋友会の中心団体の一つでも有り、オーケストラとの共演から自前の定期演奏会と幅広く活動しています。

ホームページは、こちら
http://sound.jp/shonan-shimin-chor/index.html

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。