金沢カペラ合唱団「風のコンサート」出演

6月4日に金沢の県立音楽堂 邦楽ホールにて開催された第13回
「新しい風のコンサート」に出演してまいりました。

山瀬泰吾先生指揮による金沢カペラ合唱団とのジョイントコンサートです。
関屋晋先生の記念のコンサートでご一緒し、ぜひ一緒に歌いましょうと
お願いし、実現したのが10年前。

それから10年もたってしまったわけですが、代表の塚野さんと昨年お会いして
また金沢に行きたくなりました。

10年たつとメンバーも入れ替わり、前回を知らない団員も1/3はいると思います。
私にとっても、前回は50代だったわけで、時間はいつの間にか経ってしまいま
すね。

さて、清水敬一先生が指揮された合同曲「青春」は昨年の定演で演奏しましたが、
80人以上で歌う青春は、また違った感覚で歌うことができました。

違う環境とは大げさかもしれませんが、金沢で、いつもと違うホール、違う観客の
中で歌うことは、とても刺激的で楽しいことでした。何よりも、この地には歌の
仲間がいるということがとても素敵なことです。

プログラムにも書きましたが、歌は人と人との絆であることを、本当に感じる
ことのできる時間でした。

カペラの皆さんは、練習だけでなく、コンサートの準備も大変だったでしょうに、
私たちをもてなそうとしてくれる気持ちが伝わり、とても嬉しいことでした。

さて、来年9月には、金沢カペラ合唱団が湘南に来て、第63回湘南市民コール
の定演に出演します。

合同曲は千原英喜作曲、五木寛之作詞の「心が愛に震えるとき」を歌うことに
なります。

また、カペラの皆さんと一緒に歌う時に、どういう感動が得られるか、今
から楽しみです。

金沢カペラ風のコンサート
スポンサーサイト

久しぶりに会いました

佐渡裕さんと
記事を書くのが遅れましたが、2年ぶりに佐渡裕さんに会いました。
前回は、ケルン放送管弦楽団との第九公演でした。
久しぶりの佐渡さんは、ちょっとフクヨカになっていました。
藤沢市民会館に、東京フィルとのコンサートでチャイコの5番とラフマニノフの
ピアコンを演奏されたのですが、いかにもという演奏で、素晴らしかったです。
関屋晋先生が、毎年湘南市民コールの定期演奏会で使っていた楽屋ですよ
とお教えしたら、感慨深けでした。
関屋先生とのお別れはもう12年前になりますが、広島、長崎の当時のコンサート
のことを話し合ったのが、この日の思い出となりました。
ぜひ、佐渡さんには藤沢で私たちとのコンサートに来てほしいですね。
プロフィール

shounanmuse

Author:shounanmuse
湘南市民コールのブログにようこそ!
神奈川県藤沢市に本拠を置く混声合唱団です。

晋友会の中心団体の一つでも有り、オーケストラとの共演から自前の定期演奏会と幅広く活動しています。

ホームページは、こちら
http://sound.jp/shonan-shimin-chor/index.html

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード