スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふじさわ合唱祭

7月23日に第35回ふじさわ合唱祭が開催されました。
私が副理事長として、合唱祭を初めて担当したのは第18回でしたから、もう18年
たったのですね。
当時の理事長である、田中英子さんに後任を託されてから、
ジュニア団体と男声による混声合唱で、フォーレのレクイエムを大竹くみさんに
エレクトーンを弾いていただき、清水敬一先生の指揮、菅英美子さん、福島明也
さんのソロで演奏したことが、良い思い出です。

さて、今回の講師は、作曲家の鈴木輝昭さんと山本佳代さんでした。
お二人の全体の講評では、藤沢の合唱活動をお褒め頂くこともあったのですが、
私も気になっていることをご指導いただく結果になりましたね。

鈴木先生は、藤沢の団体は多種多様さがすばらしいのだけれど、合唱団の個性が、
悪い癖になってしまっている団体がある。との指摘でした。
山本先生も、長年合唱祭を聞いてきたが、毎年成長している団体がほとんどな中
で、なかなか自分の殻を破れない団体があるのが気になる。
恐らく、当たり障りのない選曲をして、言ってみれば書棚にずっと置いてあった
愛唱曲集であり、その合唱団の成長につながらない曲になってしまっている。

これは、指揮者の責任であり、その合唱団をどう成長させたいのか、何も考えて
いない指揮者がいるのではないかとのお二人のご意見であるように思います。

合唱団が成長するのは指揮者しだいであり、指揮者が成長するのは合唱団しだい
と良く関屋先生が言っていました。
指揮者にとっての楽器である合唱団を、いかに育てようかと、意欲のある指揮者に
巡り合えた合唱団は幸せですね。

藤沢の合唱連盟には、60団体があり、オーケストラとの共演にも意欲的だし、
ジュニア、学生の団体も増えてきました。
これからも、色々なチャンスをもらい、活発な合唱活動ができれば良いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shounanmuse

Author:shounanmuse
湘南市民コールのブログにようこそ!
神奈川県藤沢市に本拠を置く混声合唱団です。

晋友会の中心団体の一つでも有り、オーケストラとの共演から自前の定期演奏会と幅広く活動しています。

ホームページは、こちら
http://sound.jp/shonan-shimin-chor/index.html

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。